親子で楽しめる知育玩具

子どもと一緒に夢中になれる知育玩具の魅力

今さら聞けない知育玩具の意味

おもちゃ屋さんへ行くといろんなメーカーから視覚を刺激するおもちゃや脳を活発にさせる「知育玩具」と呼ばれるおもちゃが所狭しと並んでいます。
ひとえに知育玩具と言ってもどのように育てたいかで子どもに渡すおもちゃが変わってくるのではないでしょうか。
おもちゃで遊ぶ効果として期待されるのが、発想力と想像力です。
ほかにも社会的なルールを学べるもの、ひらがなや数字に触れるものなど種類が豊富です。
おもちゃを相手に一人遊びもよいのですが、できれば親子一緒に夢中になれて絆を深める知育玩具が理想的なのです。
知育玩具は簡単すぎても、難しくても遊んでくれません。
知育玩具に表記されている推奨、対象年齢はあくまで参考ですが、年齢に応じて効果が発揮できるように設計されていて難易度も違います。
安全性はもちろん、おもちゃの難易度は成長に合わせたものでないと理解できないばかりか遊び方がわからず飽きることがあるようです。
多少大きくなっても遊べるようにと複雑なおもちゃをあげても、かえって危なかったりして効果が得られないのです。
家計の負担にならないおもちゃの選び方を知る方法として、いろんなおもちゃが試せるコーナーで実際に触れさせてみたり、知育玩具は身近なものでも代用できるので子どもが何に興味を示すのかよくわからないうちは、家にある危なくない雑貨をおもちゃ代わりに乗り切り好みがはっきりしてから購入するのも一つの手です。
一番いいのはおもちゃで遊ぶことより、お父さんお母さんとのふれあいや愛情を感じる「見守る目」があることだと思います。
子どもの能力を引き出し、豊かな想像力や発想力を育ててくれるおもちゃとはどんなものなのか、適切な選び方をみていきましょう。

TOPへ戻る