親子で楽しめる知育玩具

子どもと一緒に夢中になれる知育玩具の魅力

知育玩具で親子の絆とやわらか頭を育てよう!

知育玩具のメリットとは?

おもちゃに夢中になって遊ぶことで高まる知力(考える力)はそのまま生きていくための糧になります。
人としての心の成長を助けるほか、想像力を育て何もないところから生み出そうとするものづくりへの関心を高めます。
知育玩具に多いしかけのあるおもちゃには、「どうして?」と思える要素が詰め込まれています。
好奇心をもつことは自分の世界を広げていくきっかけになります。
どうしたらいいのか?と考えさせてくれるものはひらめきへのヒントになります。
おもちゃで遊んでいるときの様子を思い出すと、集中しているときの表情は真剣そのものでした。
大人になるとこれが?と思うようなものでも、子どもにとっては夢中になれるおもちゃだったりします。
楽しみながら自然に子どもの能力を伸ばしてくれるのが知育玩具のメリットです。

いつから遊べる?知育玩具を取り入れる時期

我が子の場合は赤ちゃんのときはタオルやぬいぐるみがお友達でした。
赤ちゃんのころは何にでも触り、音に反応したり感触を楽しむおもちゃが中心です。
すぐに口にもっていくのでふわふわとしたやわらかいものが多いのも納得です。
いつから知育玩具を取り入れたらよいのか悩みそうですが、子どもがおもちゃに興味をもったら遊ばせても良いのではないでしょうか。
そのために知育玩具には推奨、対象になる年齢が書かれているので、年齢別に安全性に配慮された安心して遊べるおもちゃを選んであげましょう。
年齢別にみてみると、はじめは視覚を刺激する色の鮮やかなおもちゃから文字や数を認識できるように考えられた成長を踏まえたものへと内容が変わっていきます。
遊ぶ内容に意味をもたせたものになると、おままごとのように生活の一部を遊びにできるものが増え「ごっこ遊び」への第一歩になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る